水分摂取の方法

HOME > 水分摂取の方法

Point2 日常の水分摂取の方法

さて、いざ水分を摂取するといってもどうすればよいか、迷うのではないでしょうか。

水なら飲んでるよ・・・・。と、言われるかもしれません。

はい、水を飲まない人っていないでしょう。
健康な人ならこだわる必要はありません。
飲みたいとき、飲みたいものを、飲みたいだけ飲めばよいのです。

ここで言いたいのは、便秘の人の水の飲み方になります。

決まりとかそういうことではなく、より効率的にということです。

せっかく水を飲んでも、おしっこで出てしまっては意味がありません。

毎日1リットルの水を飲むと仮定して、いつ、どのよう、にどのくらい飲んだらよいかということです。

コップに水を注いでいくといつか話あふれてしまいます。
あふれた水は無駄になってしまいます。

それと同じように、体が1回に受け付ける水のりょに限りがあるようです。
すなわち、あふれた水はおしっこで出てしまうのです。

それを見ると、1回にたくさん水を飲むのではなく、こまめに水ズンを摂取したほうがより効率的なようです。
仮に、1リットル水分を摂取しなければならない場合、100ミリリットルを10回に分けて飲んだ方がより効率が良いのです。

皆さんは、みのもんたの水の目裁判はご存知でしょうか。
テレビで、みのもんたが「毎日2リットルの水を飲みましょう」と発言しました。

それを実践しを習慣にした千葉県の主婦Aさん(87)がうっ血性心不全などを発病した、と言うもの。

どちらが悪いということではなく、やみくもに水を飲めばこのような結果になってしまうのです。

前にも書いたように、体が一度に受け入れられる量には限界があるのです。

千葉県の主婦Aさんがどのような飲み方を下の川わかりませんが、もい、みのもんたが、こまめに水分を補給して2リットル飲みましょう、と言えば、あるいは防げたかもしれません。

また、今まで飲んだことのない量を飲む場合は、毎日少しづつの無料を増やしていくということも必要です。
2リットル飲まなければいけないということではなく、少しづつ量を増やしていき、2リットル飲めるようにすれば、無理なく飲めるようになるのではないでしょうか。

便秘解消のために水を飲みすぎてうっ血性心不全などを発病したのでは本末転倒です。